譲渡所得の内訳書の入手方法や添付書類をつけるべきケース

query_builder 2021/07/01
コラム
不動産を売却すると、譲渡所得の内訳書を記入しなければなりません。慣れていない方にとっては、どこで手に入れればいいか分からない、書類は添付するべき?等、分からない事が多いですよね。

今回は、譲渡所得の内訳書についてお伝えします。

▼譲渡所得の内訳書とは

不動産を売却して譲渡所得が発生した場合は、譲渡所得の内訳書を記入する事になります。これをちゃんと書かないと脱税の疑いをかけられてしまう可能性が出てきます。

▼譲渡所得の内訳書に添付書類をつけるべきケース

■分からない事がある場合

不動産を取得した時に遡って記入しなければなりませんが、不明な点が出てきてしまう事もあります。そんな時は、出来るだけ不明な点は記載しておきましょう。

■複数の共有名義人がいる場合

家族等、複数の共有名義人がいる場合は持分割合を把握しなければ譲渡所得の内訳書を記入出来ません。

しっかり伝える為に別途、添付書類をつける事で正確に伝わるのであればつけておきましょう。

▼まとめ

今回は、譲渡所得の内訳書についてお伝えしました。譲渡所得の内訳書は国税庁のサイトからダウンロードして下さい。

複数の共有名義人がいる場合等、書類を添付した方がいいケースもあるので、不安な場合は専門家に確認してみるのがいいでしょう。

五十嵐税理士事務所では、不動産に強い税理士が所属しておりますので、分からない事があればお気軽にご相談下さい。

NEW

ARCHIVE