土地売却にかかる税金は節税出来る?特別控除や特例について

query_builder 2021/05/01
コラム
土地売却をすると税金がかかる事はご存知でしょうか。節税出来るなら、節税をして適切な税金だけを支払いたいですよね。

今回は、土地売却にかかる税金の節税についてお伝えします。

▼土地売却には税金がかかる

土地売却を行うと、売れたら売れた分だけお金が手に入るわけではなく、売却益に対して税金がかかるようになっています。

しかし、特別控除や特例を利用する事で節税は可能となっています。

▼土地売却にかかる税金の節税

■認定農業者に農地を譲渡した場合

認定農業者に農地を譲渡した場合は800万円の特別控除を受けられます。

買入れ協議に基づいた農地の譲渡の場合は、農業経営基盤強化促進法の規定で1,500万円の特別控除が受けられる事になっています。

■土地区画整理事業の為に土地を売った場合

土地区画整理事業の為に土地を売った場合は、2,000万円の特別控除を受けられます。区画整理が絡んでいる場合は確認しておきましょう。

その他、まだまだ特別控除になる例はあるので専門家に相談してみましょう。

▼まとめ

今回は、土地売却にかかる税金の節税についてお伝えしました。土地売却をすると税金がかかってしまいます。

認定農業者に農地を譲渡した場合等、特別控除や特例措置を受ける事が出来ますが、どういう特別控除があるかを知らないと節税に使えません。

土地売却の専門家である五十嵐税理士事務所の税理士が詳しくお答えしますので、土地売却を検討されている方はお気軽にご連絡下さい。

NEW

ARCHIVE