相続のトラブルについて

query_builder 2020/11/09
コラム
親が亡くなり、財産を相続する場合に気を付けておかなければいけないことがあります。
トラブルに巻き込まれないために、遺産相続のトラブルの事例や回避方法を軽く紹介したいと思います。
▼意外と多い兄弟間のトラブル
相続のトラブルは意外にも兄弟間が多いのも事実です。
仲が良かった兄弟でも、相続のトラブルによって仲を悪くしてしまうこともあり得ます。

●兄弟の誰かのみが親の介護をしていた場合
例えば、兄弟の仲の誰かに親の世話や介護の負担がかかっていたとします。
しかし、その親が亡くなってしまった時に、世話をしていなかった兄弟の分の財産分与は認めないと言ったトラブルが
発生してしまう可能性が考えられます。
世話をしていなかった人の財産分与の権利がなくなってしまうことはありません。
世話をしていた人には通常の相続割合に対してプラス評価して財産を受け取れる権利はあるのは事実ですが、
全部を世話をしていた人は取ることはできないのです。
もちろん中には、相続放棄をして世話をしていた人に全部渡す方もいますが、万が一両親の世話をして、
自分ができないような状況の時にはあらかじめ、財産の分与をどうするのかきちんと話しておくとトラブルを
回避できるかもしれません。

●兄弟との連絡がとれない
家を離れ、長らく連絡を取っていない兄弟がいる場合遺産相続は困難になります。
遺産の分割協議は相続人全員で行うきまりがあります。
連絡が取れないからとその人抜きで財産分与してしまうと、万が一連絡のつかない人が現れ抗議した場合には
もう一度協議をやり直さなければいけません。
そんなケースでは、法律専門家に任せるのが一番です。
調査依頼をかけたり、難しいケースも専門に依頼することで、スムーズに行える可能性があります。


▼トラブルまとめ
遺産の相続のトラブルを紹介しましたが、ほんの一部です。
遺産のトラブルはご家庭によって考えられるケースも問題も全く違います。
当事務所は親しみやすく、丁寧な対応に努めていますので初めて税理士事務所をご利用になるという方にも、
安心してお越し頂けます。
ご相談へこられる際には、お気軽にお電話でご予約ください。