贈与税申告は税理士に相談

query_builder 2020/10/13
コラム

基礎控除額を超える財産をもらった時には、贈与税の申告が必要になってきます。
今回は贈与税についてご紹介していきたいと思います。

▼贈与税とは
贈与税とは、相手からの贈与によって受け取った財産に課せられる国税で税金の一つになります。
個人が一年間に他の人から財産の贈与を受けた時に課税されます。
しかし贈与を受けた価額から基礎控除額110万円を差し引くことができます。
控除した後の価額が0円を超えた時課税されます。

▼贈与税を申告する時に注意すること
・不動産や株式評価がある時には、財産評価が必要になってくるので、知識のない人が正確に計算を間違わずに行うことはできないに等しいので税理士に相談しましょう。
・住宅取得資金の非課税、贈与税の配偶者控除、相続時精算課税制度などの各種特例制度の適用を受ける時には、納税額が0円でも贈与税申告をしなければいけなく、将来の相続税対策として贈与をする時には、長期的な見通しが必要になってきます。

▼税理士に贈与税申告を相談するメリット
■贈与税の申告の手続きを全部してくれる
財産が現金だけの贈与であれば贈与税申告は難しくはありませんが、株式、不動産を贈与された時には自分で算出するのは難しくなります。
税理士に頼めば、申告に関することを全部行ってくれ節税につながる可能性が多いです。

■正確な申告で追徴課税を避けられる
贈与税率は高く、間違った贈与税申告は追徴課税もかかってきます。
税理士に頼めば正確な申告ができ、追徴課税を避けられる可能性が多いです。

■相続する時のトラブルを防ぐことができる
贈与する時に信頼できる税理士を見つけておくと、相続する時のトラブルを前もって防ぐことができ、税理士に相談することで生前対策や相続について家族みんなで話し合えることもできます。

相続税や贈与税、譲渡所得など資産税関係については専門知識がありますので、どなたにも分かりやすく丁寧にご説明しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。