相続税の申告が必要な場合

query_builder 2020/10/06
ブログ
ロゴ

 人が亡くなるとその人の財産を分けることを相続といいます。

 その相続財産が一定金額以上になると相続税の課税の対象となります。

 相続財産が相続税の基礎控除(3,000万円+法定相続人数×600万円)以上の場合には、相続税申告が必要となります。

 相続税の申告は、被相続人(亡くなった人)が亡くなった日から10か月以内にしなければなりません。

 相続は、いろいろな手続きをしなければならないため、なるべく早めに対応したほうがよいと思います。